Perl入学式に参加してみよう

これはPerl入学式春のブログリレー6日目のエントリです。

参加したらこうなる

プログラミングやってみたい!でも、Perlってなに?よくわからん!
という状態で僕は昨年参加しました。
参加した結果は、最高だったと言わざるを得ません。

プログラミングに触れ、ギークな人の存在を知り、さらに勉強したくなります!
また別記事で書こうと思いますが、僕はちょうど1年前のPerl入学式から徐々にプログラミングを始めて先日東京のWeb系の会社に内定を頂くことが出来ました。
就職など関係ない人にとっても、もちろんオススメです。
仮に仕事や学習で使うことがなくても、プログラミングって(Perlって)こういうものなんだな、と少し分かるだけでも得るものはあります。
この5回で学べることはもちろん限られてはいますが、Perlという長く使われている言語に触れることができる貴重な機会です。
最近はProgate*1などの学習サイトのおかげでプログラミングは独学しやすくなってきてはいますが、教えてくれる人、聞ける人が周りにいると学習は加速します。

Perl入学式繋がりで知り合いも増えて、さらにさらに楽しくなります。
in沖縄の特徴なのですが、大学で開催していることもあって学生が多めです。
なので、学生は軽く講義の1つに参加するような気持ちで大丈夫です。
学生が多いと聞くと、社会人の方は「参加し辛いのでは?」と思うかも知れません。
しかし、学生のノリなど特にないので大丈夫だと思います!
小中高生でも、早くにプログラミングに触れられることは確実にいい経験になるはずです!
皆さん、この春に新しいことを始めてみませんか?